美容液やオールインワンゲルなどのアンチエイジングで細胞レベルで若返りって出来るの?やっぱり特許とってる成分や製品やいいのかな?モテまくり乾燥対策女子のサイト

身体の表面を覆う皮膚には、隅々に至る

更新日:2017/10/23

身体の表面を覆う皮膚には、隅々に至る

身体の表面を覆う皮膚には、隅々に至るまで毛細血管が網羅しており、表皮や真皮といった皮膚を構成する全ての組織、細胞のひとつひとつに酸素と栄養を届ける大事な通り道であり、細胞からでる不要の老廃物を排出するためのパイプでもあります。喫煙による害は様々ですが、煙を吸った直後に起こる悪影響としては、体中の毛細血管が収縮してしまう、というものがあります。道が狭くなり、毛細血管の隅々まで栄養が届かなくなります。酸素も栄養も届きませんから、表皮は弱り、強力なバリアとしての機能は低下しますし、真皮もそれと共に機能を弱めてしまうのです。

こんな風にして、肌の弾力も張りも、なくなっていってしまいますので、そうなると肌表面はシワが増え、たるみも目立ってくるのです。

喫煙の肌への害を考えると、やはり禁煙をおすすめしたいところです。

肌のキメは、肌の美しさのバロメーターです。これが整っていると美肌ですし、そうでなければ荒れていることがわかります。

ではこのキメとは何かというと、肌表面を網の目のように覆う皮溝という線と、皮溝に囲まれた小さい部分である皮丘が織り成す模様のことです。

キメが細かくよく整った肌は皮丘には充分な水分が含まれ、それぞれの大きさがきれいに揃っています。

でも、皮膚組織のうち、一番表面の位置にある表皮が乾燥しきった挙げ句に荒れてしまうと、皮丘は形を保てず、整然としたキメの並びは壊されます。

表皮が荒れて、バリアとしての機能がうまく働かないでいると、表皮が覆う真皮もそのうち傷つくことになります。

傷んだ真皮が肌をしっかり支えることができなくなり、こうしてシワが増えていきます。若い人の場合、なかなか自分の肌に危機感を持つことは難しいと思われますが肌のお手入れを全くしないで、若いからまだ大丈夫、という風に考えている人はいないでしょうか?ですが、20代の肌にもシワはできるということは知っておいた方がいいでしょう。シワがなぜできるのかというと、その原因は主に紫外線や乾燥が肌に与える損傷ですが、それに加えて、日々のダメージの蓄積が肌にとって大きな問題なのです。

ですから、健康的な瑞々しい肌を維持していくつもりなら、できれば20代から毎日のスキンケアを積み重ねてほしいと思います。女性によっては顔にできてしまったシミでお悩みの方も多いと思います。

肌にできたシミを薄くするのに効果があると言われる食材の一つに挙げておきたいのがハチミツです。

あまり知られていないかもしれませんが、ハチミツの成分には染みついてしまった色素を薄くする効き目が期待でき、肌にできてしまったシミ、そばかすなどを目立たなくしてくれるのです。シミが無ければ良いのにとお悩みだったらはちみつを買ってみてください。肝臓は、お肌と密接な関係を持っています。肝臓では、血液を通して体内に入った物質や産生された物質を代謝・分解することで、解毒する働きをしています。肝臓の働きが阻害されると、有害物質を含んだ血液が再び体内を巡るので、それが肌荒れやくすみを引き起こしてしまいます。肝臓に負担をかけないようにしていくことが、血液をキレイにし、お肌を健康にしていくために欠かせない要素です。

いつしか顔にこんなに増えてしまったシワ、きれいさっぱり消し去ってしまいたいものです。シワのできる原因は色々あれど、つまるところこれは老化現象であり、もう一つは紫外線の影響が、かなり大きいことがわかっています。

できてしまったシワをどうこうするのは難しいですが、防ぐために紫外線をカットできる日焼け止めを利用したり、帽子、日傘、あるいはサングラスなど、一年を通して紫外線対策をし、対策を怠り、日焼けしてしまったら、放置しておかず、すぐに肌を冷やしてほてりをとり、化粧水を吸収させたら、美容液でしっかり保湿して、シミ、シワ、乾燥を防ぐようにします。こういう予防、ケアを積み重ねることが、結果としてはアンチエイジングになっていきます。

ここ数年のことですが、特に顔のしわが気になってきて、仕方がありません。中でも本当にどうにかしたいと思っているのは目尻にできてしまった、笑いじわなのです。大体目の周りの皮膚というのは薄くて、どうしてもしわができやすいですから、この部分のスキンケアにはずいぶん力を入れていますが、皮膚が薄いということは、保湿の力も弱くて乾燥しやすいということもあり、クリームを塗り重ねることで、何よりも保湿を大事にするように自分に言い聞かせています。

みかんはビタミンの含有量がとても多く、新陳代謝を高め、お肌にシミができるのを防ぐために大きく役だってくれます。みかんを食べるときには、タイミングに注意してください。紫外線を浴びる前、朝からたくさん食べると、ソラレンなど、柑橘類に含まれる一部の成分が紫外線に敏感に反応するよう働き、シミを防ぐどころか、かえってシミの原因になってしまいます。

きれいなお肌をつくるために、紫外線を浴びない夜に食べた方がいいですね。

シワの原因をご存知でしょうか。これはいくつもあるのですが、一番大きな原因と考えられているのが、乾燥でしょう。肌の水分が足りなくなって、乾燥してシワが発生して、増加することになります。

例えば目じりですが、ここは皮脂の分泌が少ない部分となっており乾燥の影響を受けやすくなっており、他より早く、小ジワの出現が見られる部位です。

それにまた、年齢を重ねていくことにより、皮膚の張りを保つ役割を持つ、コラーゲンやヒアルロン酸が減って行く事になり、シワやたるみは年齢を重ねるにつれ増えていく一方になります。シミに悩む人にとって最大の敵である紫外線ですが、ホルモンバランスの乱れもまたシミに大きく影響しているということをご存じでしょうか。その具体例として挙げられるのは、最近になってテレビCMによって知名度を上げた「肝斑」です。

肝斑を引き起こすと言われているのが、ホルモンバランスの乱れで、妊娠中とか出産後の発症率が高いことが明らかになっています。

ピルの服用によっても肝班の発症率は上昇すると言われており、その治療は紫外線によるシミに比べて困難であるのもこのシミの特徴です。

スキンケアってほんとに必要なの?と考える方もいるみたいです。スキンケアを完全に排除して肌そのものが持つ保湿力を守っていくいう姿勢です。

では、メイク後はどうしたら良いでしょうか。

クレンジングははぶけません。市販のクレンジング剤を使った後、肌に何もせずにいると肌の乾燥が進んでしまいます。

週末だけとか、月に数回の肌断食はいいですが、足りないと感じたときは、スキンケアを行った方がよいかもしれません。

朝晩の洗顔した後、その10秒間は肌にとっては特別大事な時間になります。

毎日のお風呂の後、シャワーを使ってさっぱりした後、しっかり洗顔を終えた直後の肌は、例えてみれば、水をいくらでも吸い込んでしまう砂漠です。

短いですがとても貴重なこの時間に肌に何もしないのは大変惜しいことですし、貴重な時間を無駄にしてしまうのは、肌にとってみればきっと、残念で仕方がないことでしょう。洗顔を終えたらすぐさま、タオルで水気をさっととって、たっぷりの化粧水で肌のケアを行ってください。困ってしまうことに、肌にできてしまったシミは、それだけで見た目年齢をグッとあげてしまうのです。そんなシミのメカニズムを探ってみると、肌の細胞の内で作り出されたメラニン色素が皮膚の表面から剥がれ落ちず蓄積されたものをいいます。お肌のターンオーバーを正常化することで少しはシミを目立たなくすることが可能となりますが、ピーリングで余分な角質を取り除くと、さらに効果がアップします。ただし、過剰なピーリングを行うと、逆に、肌に多大な負担をかけてしまうので、注意しましょう。女性たちの間でスキンケアにオイルを使うという方も最近多くなってきています。

スキンケアのステップにホホバオイルやアルガンオイルなどを取り入れることで、今よりさらに保湿力を上げることができるとされています。また、オイルの種類により様々な効果が表れますので、自分の肌に合った適度なオイルを使うとよりよいお肌になるでしょう。

質が重要ですので、オイルを選ぶ際は、新鮮さも非常に大切です。

正しいスキンケアを行うには自分の肌の状態を理解し、方法をさまざまな方法に切り替える必要があります。

ずっと同じやり方で、「おなじでもきっと大丈夫」と肌のお手入れをしていればいいわけではありません。

特に保湿をする必要があるのは乾燥したお肌だったり、生理前などの体の状態にもあわせ刺激の強い方法は使わないというように分けておこなっていかなくてはならないのです。春夏秋冬でお肌の状態も変化していきますから使いわけることもスキンケアには必要なのです。お肌が薄い人は、そうでない人と比べてシワがたくさんできるそうです。肌が乾燥しやすい、突っ張る、シワができやすいなどから「肌が薄いかも」と思っている人は自分の肌を少し確認してみるといいでしょう。

肌から血管が青く透けて見えているなら、大体薄い方だと考えてよいでしょう。皮膚があまり薄い場合は肌が充分に水分を蓄えておくことができません。

そのため、肌のハリツヤが失われます。肌は、年々薄くなっていくのが普通ですから、肌の状態には常日頃から気にかけるようにしてください。乾燥肌の方がスキンケアで気をつけないといけないことは一にも二にもまず保湿です。

それに、皮脂を完全に落とさないということも日々チェックすべきことです。

必要以上にメイク落としや洗顔料を使って皮脂を落としすぎてしまうと肌は皮脂のバリアがなくなり、直接空気にさらされ、乾燥が進みます。

洗顔に際してお湯を使いますが必要以上に熱いのはNGです。それに、保湿だけに留まらず、自分の洗顔方法をチェックしてみてください。

オールインワン化粧品を使っている人も非常に多いです。

スキンケアに使う化粧品をオールインワン化粧品にすると、忙しいときも楽にお手入れができるので、使われる方が増加傾向にあるのも納得です。

色んな種類の化粧品でお肌のお手入れをするよりもリーズナブルなのがポイントです。

ただ、商品が合わないといったこともございますので、配合成分のご確認をお願いいたします。

関連記事

メニュー

メニュー

2008 アンチエイジングで細胞レベルで若返り!モテまくる乾燥女子必見のサイト All rights reserved.